日本の行事や習慣に使われる破魔弓や五月人形とは

破魔弓、五月人形について知ろう

正月

兜のセット

ここで紹介した、破魔弓と五月人形が使用される行事である「正月」と「こどもの日」ですが、正月とはどのようなものなのでしょう。

正月は、その年の豊作を願い、それを司る年神様をお迎えするという行事になっています。

年神様とは、その年の豊作を約束してくれる神様です。
正月に多くの家庭で見られる門松やしめ飾りなどは、年神様をお出迎えするものになっています。
さらにそれは心からの歓迎を表しています。

正月は、日本に数多くある行事の中でも、最も古い行事とされています。
その歴史は仏教が伝わった六世紀半ば以前からとされています。
本来はお盆と同じく、先祖のお祀りを行う行事とされていました。
しかし次第にお盆は先祖の供養、正月は年神様を迎えその年の作物が豊かに実るよう願う「神祭り」として区別されました。

年神様を出迎える、門松やしめ飾り、鏡餅などが一般的になった、今のかたちは江戸時代からとされています。
それには、庶民が簡単にそれらの物品が手に入るようになったことが大きく関係しています。

童子の人形

初正月を迎えた男の子に贈る破魔弓には「魔を弓で破る」という意味があります。
これに深く関係しているのが、室町時代から現在にまで伝わる「鳴弦の儀」です。

鳴弦の儀は、弓で作られた弦を強く弾き鳴らすことで、邪気払いや魔除けを行うという意味がある儀式です。

現在の天皇家においても、お子様が誕生してから七日目に「読書・鳴弦の儀」が行われています。

これ以外にも、弓を使用した儀式に、正月にその年の魔除けと年占いで行っていた「弓射(ゆみいり)」などがあります。

このことから縁起物として、多くの人に認知されてきた弓と矢の組み合わせが、現在の破魔弓の基になっています。

破魔弓や羽子板が初正月に贈られるのは、十二月から一月の間が十二支の暦の上で「丑・寅」にあたり、それが鬼門の時を表していることが理由とされています。

生涯続く鬼門を何事も無く平凡に過ごせるようにという願いを込めて、現在のようなかたちが出来ました。

破魔弓は、男の子に贈られることから、こどもの日に五月人形と一緒に飾られることもあります。

初正月

五月人形

子どもたちが誕生して、初めて迎える正月を「初正月」といいます。

日本では古くから初正月を祝う習慣があり、子どもの祖父母やおじ、おば、仲人、友人などが女の子には羽子板、男の子には破魔弓を贈ります。

男の子に贈る破魔弓は、その名前からもわかるように、「魔除け」や「厄祓い」の意味を持ちます。
男の子の元気で健康的な成長を願い、お正月の縁起物ともされています。
またその意味から、神社などでも多く使われており、平安時代中頃に人々の間に広まり、現在のような形になったのは鎌倉時代とされています。

女の子に贈られる羽子板も、破魔弓も、ともに古くからの行事であった新春の厄祓いや年占いが始まりになっています。
男の子が弓矢で的を射て、年占いを行ったのが後に破魔弓となり、女の子がお正月に羽をついてその年の厄祓いをしたのが羽子板を生み出しました。

破魔弓は、五月人形と一緒に飾る弓にかたちが似ており、さらに似たような意味を持ちます。